toggle

山の見学会

お客さまを連れて山の見学会に行ってきました。
普段見ることのない原木の生産から製材、市場の様子なんかを
山のお話を聞きながらの見学です。
きっと木の魅力がたくさん伝わったんじゃないかなと思います。

岐阜県は東白川村、弊社でも使用している東濃桧の産地です。
杉の天然乾燥材でお世話になっている(株)山共の社長さんに案内していただきました。

私たちが住んでいる家に使われている木材はどんな所で、どんな風に育てられて、
どんな人が携わって、どれだけの年月を経てやって来るのだろう。
山に携わる人の思いと、近くの山で育った木材の価値を改めて学びました。


↑こんな風に倒したい方向に受け口という切れ込みを入れて、
逆サイドから追い口という切り込みを入れていきます。



そして、、、



見事狙い通りの方向に倒されました。

 

切り株はこんな感じで、まだ暖かくて湿っています。
さっきまで水を吸って生きていた木です。
年輪を数えたら、57年でした。

 
切り倒した木は製材所で製材して、市場を通して、または直接ハタノホームまで届きます。
川上の山から切り出された材木はこうして川下の町に届けられて、
お客さんと私たちで一緒に計画した家を、大工さんが心を込めて施工して、
「幸せを生む住まい」の完成となるのです。

お客さんにも楽しんでもらったと思うけど、
自分自身もかなり楽しかったのでまた生きたいと思います。
もっと、沢山の人身近な人に、
木のこと、家のこと、知ってもらえるようにがんばります!
The following two tabs change content below.
波多野泰央

波多野泰央

二代目。営業、設計、雑用担当。小ハタノ。