toggle

ハタノホームが考える「幸せを生む住まい」

住まいに込める5つの役割

碧南市のハタノホームでは、住まいには基本的な5つの役割があると考えています。

「幸福を生む住まい」をつくるうえで、この5つの役割が大きな軸となります。

じっくり考える住宅計画

私たちの生活にとって、もっとも身近で、もっとも大切な環境である住まい。家族の成長を支え、家族の幸せを育む場所だからこそ、十分に計画を立ててつくることを大切にしています。
お施主様と一緒に「じっくり、ゆっくり」話して見えてくる”暮らし”があります。

住まいにおける5つの役割を果たすための仕組みについて、そして、ご家族と住まいの環境がどうやってかかわっていくかについて、何度もお話を重ねながら住宅計画を立てていきます。間取りが決まるまでに行われる打ち合わせ回数は、平均30回以上。真剣な話し合いを繰り返しながらお互いの理解を深め、ご家族の生活と将来を考えた住まいのかたちを描いていきます。

家族にとって本当に「良い家」

良い家って、どんな家でしょう?
すべてが高級志向で、高くて便利な設備があって……
お金をたくさんかけた家が良い家でしょうか?
きっとそうではないはず。少なくともハタノホームでは、住まいの本来の役割や目的を果たすことのほうが、よっぽど大切だと思っています。

忘れてはいけない現実の話。こだわるのには、わけがあります。

住まいづくりを考えたときにパッと思い浮かぶ「あんな家がいいな」「こんな設備がほしいな」を叶えただけでは、ひとときの満足は得られても、いずれその満足は薄れてしまいます。大切なのは、ご家族を中心に住まいの役割について考え、実用性や利用価値についてとことんこだわって、本当に必要なものを必要なだけ住まいに採り入れること。30回以上の打ち合わせのなかでは、ちょっと現実的すぎと思われるくらい、見栄えや利便性に偏りすぎないご提案を差し上げます。

チーフの想い

設計担当の想い

アフター担当の想い

棟梁の想い