toggle

平屋の家【K様邸】碧南市

お客様の要望

最後は平屋で!

30年前に新築させていただいたK様の、二度目の住まいづくりにも携わることが出来ました!

お客様の声

気にもしなかった段差、苦にもならなかった階段。
それが気になり苦と感じたら、快適とは言えません。人は誰もが、いつかは老いを知るわけです。私ども夫婦は常々、私の定年に合わせ終の住処として「平屋に住む」という計画を立てていました。各部屋、通路はゆったりと、扉は全て引き戸にする等、20年先を見据えた「平屋」が六月に完成しました。
 タイトルはCMの引用ですが、目指す所は憧れです。土地探しをする前に、工務店は決めてありました。30年前、安心と満足の二階建ての家を提供していただいた「波多野建設株式会社/ハタノホーム」さんです。多様な技術で木造建築に長けた実績と、誠意への信頼は揺るぎません。「住まい方教室」から始まる、家族の生活と住環境をテーマとした「幸せを生む住まい」づくりでは自然素材が主役。こだわり抜いた良質な家づくりが基軸となります。家中の、風の流れを大切にして空気の循環を生み、それが心身に健康をもたらす。この理念も加わった内容は納得の一言です。
 玄関を一歩入ると木の香りに満ち、森林浴気分の我が家は、床から壁に至る全てに無垢の木を使った究極の木(生)の家です。肌で木を感じながら生活できるのは想像以上の心地よさです。陽(光)の入量を屋根の角度と軒の長さで調節、空気は、木炭とセラミックスで浄化して供給するなど、何一つ疎かにしない、極めの細かい配慮がされた住環境です。
 家づくりも二軒目ともなると思い入れが強くなり、突然追加変更を言い出す。私たちは本当にうるさく、面倒な客でした。・・・が、ハタノホームさんが私たちの思いと、家づくりの理念を注ぎ込んだ「幸せを生む住まい」は自慢の出来上がりです。おかげで、憧れが至宝となりました。 ”感謝” ”感謝”
 今年は式年遷宮で盛り上がっています。私たちもこれにあやかり、一足先に引っ越すことが出来ました。めでたし、めでたし・・・。

ハタノホームのコメント

30年前のお客さんからもう一度用命をいただけることは、住宅づくりに携わる者としてこれほど嬉しいことはありません。これからも、K様と一緒になってつくり上げた「幸せを生む住まい」で快適に過ごしてください!

The following two tabs change content below.
波多野泰央

波多野泰央

二代目。営業、設計、雑用担当。小ハタノ。
波多野泰央

最新記事 by 波多野泰央 (全て見る)